コラム

フィリピンのおすすめ銀行3選 -日本語対応可能な銀行-

フィリピンへ移住する場合や不動産投資をする場合には、
フィリピンの銀行口座の開設が必須になります。

しかし、口座開設が初めてで英語に不安がある方はどこの銀行で口座を開設すれば良いか分かりませんよね。
今回は、日本語に対応している銀行と日本国内でも口座開設が出来るオススメの銀行をご紹介します。

フィリピンの大手銀行である「PNB」「BDO」「メトロバンク」は、
日本に支店があり日本語でサポートを受けることが可能です。

 

【日本で対応可能】フィリピンの銀行3選

BDO

BDO Unibank(BDO)は、1967年に設立したフィリピン最大手の商業銀行です。

フィリピン最大級の規模を誇るBDOは、国内支店1,128か所、海外拠点26か所、ATM設置数は3,600台以上でATM設置台数が国内で1番多いことが特徴です。

フィリピンで有名なSMグループという財閥に属しており、SMモールなどの大型ショッピングモール内にも支店があります。営業時間も、19時までと夜遅くまで営業している支店もあり土日なども現金を引き出しやすく便利です。また、フィリピンの銀行で最大規模のジャパンデスクを設けており、日本人シニア・アドバイサーなど約30名が所属し、そのうち10名以上が日本語での会話が出来ます。

PNB

Philippine National Bank(PNB)は、1916年にフィリピンの国立銀行として設立されました。
戦後からフィリピンが独立するまで、中央銀行業務を兼業してきました。
今でも、
国庫の役割を果たしておりユニバーサルバンクとして預金や貸金、外為などの業務も行っています。
国庫銀行の役割も担っているため、他の銀行にある倒産のリスクがなく安心して利用出来ます。
日本には、東京と名古屋に支店があり日本人が常駐しています。

 

メトロバンク

メトロバンクは、BDOに次ぐフィリピン最大級の銀行です。フィリピンの全土に支店が953か所、2,300台以上のATMが設置されています。

商業銀行、投資銀行、リース、保険、証券、不動産、カード、旅行などの幅広い事業を展開していることが魅力です。

日本の支店は東京と大阪にあり、日本からフィリピンへの海外送金サービスなどを提供しています。

日本からフィリピンの口座開設する方法

PNBは、条件を満たす方であれば日本からでも口座開設が可能です。
BDO・メトロバンクは、日本からの口座開設は出来ません。

フィリピン国籍を持っていない場合の口座開設の条件は、
不動産購入や特別居住者退職者ビザ(SRRV)取得のためなどいろいろあります。

詳細は、銀行へお問合せください。

口座開設の流れは、ジャパンデスクまたは日本の支店に連絡し来店の日程を調整のうえ、
支店にて口座開設の申し込みをします。

口座番号がわかるまでは一週間程度かかり、ATMカードの発行はさらに期間がかかります。お急ぎの場合は、早めに手続きをするにしましょう。

 

まとめ

今回は、日本語サポートのある銀行と日本でも口座開設が可能なオススメの銀行をご紹介しました。

フィリピン大手銀行の「BDO」「PNB」「メトロバンク」は、
ジャパンデスクや日本支店があり日本語で対応してもらえます。

BDOは、フィリピン国内でATMの数が1番多く、営業時間も長いため利便性が良いです。PNBは国立銀行としての歴史ある銀行で倒産の心配がありません。
メトロバンクは、BDOに次ぐフィリピン最大級の銀行で幅広い事業を展開しています。

日本国内からでも、「PNB」は条件を満たしていれば口座開設が可能です。
フィリピンでは口座開設した支店以外のATMを利用する際に、手数料が発生する場合があるため住む場所や職場の近くにATMがある銀行を選ぶようにしましょう。

これでフィリピン銀行の口座開設も安心して行えますね。

ぜひ、参考にしてみてください。