condominium

フィリピンのコンドミニアム投資を行う前に知っておきたい注意点

フィリピンのコンドミニアムの投資について、
知りたいけど情報が多くてよく分からないという悩みをお持ちではないでしょうか。

今回はそんなお悩みを解消するため、コンドミニアムの投資について分かりやすくご紹介します。

 

フィリピンのコンドミニアム投資を行う前に知っておきたい注意点

 

①土地購入の話に注意

フィリピンでは法律により外国企業、
および外国人による土地の所有が認められていないため、
外国人が原則土地を購入することはできません。

フィリピンで不動産投資をする場合
「コンドミニアム(マンションの1室を購入)」あるいは「一戸建て」を
購入することになります。

しかし、「一戸建て」でも土地付きの建物であれば土地の所有にあたるため、購入することは出来ません。

そのため、土地購入や一戸建て購入の話があった際は、
必ず土地の所有者が誰の名義なのか確認するようにしましょう。

特に土地購入は、将来的に開発が進み価値が上がるといったことを謳う詐欺も多いため、
かなり慎重になる必要があります。

②個人名義での振り込みに注意

海外への投資の場合、基本的に振り込みでの対応が安心です。

現金で話がある場合でも直接のやりとりは避け、
誰にいつお金を振り込んだかを確認できるようにしておきましょう。

また、個人名義の口座への振り込みは詐欺の可能性が高いので注意が必要です。

 

③日本人業者にも注意

不動産投資についてよく知らない日本人に向けて、
日本人業者が不正にお金を騙しとろうとするケースも増えています。

例えば

・不動産に疎く手数料が不相当に高くなっている
・物件価格に大幅上乗せされている
・物件の名義が業者名義での購入になっている

上記のようなケースで、
購入してしまったという方も数多くいらっしゃいます。

日本人=安心という考えてしまいがちですが
事前に相場や業者についてしっかり下調べをして
問題中どうか確認しておく必要があります

 

フィリッピンのコンドミニアム投資3つのパターン

フィリピンのコンドミニアム投資をする場合、3つのパターンがあります。

 

①賃貸で収益化(インカムゲイン)

購入したコンドミニアムを貸して利益を得る方法です。

コンドミニアムの賃貸には、住居用での貸し出し・ホテルとして
短期間の貸し出しをするパターンがあります。

住居用の場合は、長期的な家賃収入が見込め、ホテル用の場合は空室のリスクを減らせます。

フィリピンの賃貸収益は、表面利回りで平均8~10%が基本とされています。

賃貸顧客層(現地人、日本人や白人の駐在、中国等のアジア系)によってかなりの上下があることや、
賃貸方法(賃貸の人数や留学先の学校への転貸、AirBnB等)によって様々なので、
エリアや物件選びはしっかり行うようにしましょう。

②売却益で利益を得る(キャピタルゲイン)

購入したコンドミニアムの価格が上昇した際に、物件を売って利益を得る方法です。

日本では、今後少子高齢化が進むため物件よりも入居者の数が少なくなり
家賃が安くなることが予測されます。
家賃が安くなることで、物件の価値も下がるため物件を売って儲けることが出来なくなります。

しかし、フィリピンでは現在の平均成長率を6%とした時、
プレビルド(建設前の物件)であれば物件価値はそれ以上に上昇しています。

完成物件の上昇率は若干落ちますが、それでも日本と違って中古でも上昇傾向にあります。

③自己居住用

自分が旅行に行く際の、宿泊先・別荘としての利用や最終的な永住先としての利用としても活用できます。

フィリピンは、他国と比べて比較的「永住権」の取得が容易なため富裕層の多くが永住権の取得を行っている国でもあります。

 

フィリッピンのコンドミニアム投資 メリット

①理想的な人口の割合

現在約1億人、世界で12番目の人口になっています。
日本が11番目なのでほぼ変わらない人口にもかかわらず、
平均年齢は23歳と日本の半分となっており、綺麗な人口ピラミッドを描いています。

そのため、日本と違い今後も住居需要が上がることが予想されます。
賃貸のみならず、売却でも利益をだすチャンスがあると言えるでしょう。

②経済成長率が高い

フィリピンは世界の中でも高い平均成長率を維持している国です。
個人の消費意欲も高く、アメリカや日本を上回っています。

 

③物件を安く購入できる

経済成長率が高いフィリピンですが、
一部ではまだ物価が上がりきっていない地域もあり先進国に比べて安い価格で物件を購入できます。

④英語がスタンダード

新興国には珍しい英語がスタンダードな国です。
現地語よりも英語の看板が非常に目立ち、ほとんどの人が英語を話せます。

新興国で初めて投資をする場合でも、フィリピンであれば比較的ハードル低く始めることが可能です。

 

フィリピンのコンドミニアム投資についてまとめ

人口や経済成長率からまだまだ今後の成長が見込めるフィリピンは、
他国と比べ手ごろな金額で投資を行うことが可能です。

コンドミニアム投資には

「賃貸で収益化」「売却益で利益を得る」「自己住居利用」の3つのパターンがあり

「土地購入の話」「個人名義」での振り込みには注意されてください。

またフィリピンは、理想的な人口の割合で今後も経済成長が見込める国であり
物件が手ごろな金額で購入できるのがメリットです。

新興国でありながら、
英語圏のため海外不動産投資が初めてのかたも始めやすいことも魅力のひとつです。

欺などのリスクには、しっかり注意してフィリピンのコンドミニアム投資を行ってみてはいかがでしょうか。

コラムニスト紹介

中矢健太朗(なかや けんたろう)/フィリピン財閥系不動産会社 DMCI HOMES ジャパンデスク担当

198955日生まれ。兵庫県神戸市出身。

新卒で関西の地銀に入行。大手不動産管理会社に転職後、2019年フィリピンのマニラに移住し、フィピリン最大手の財閥系企業「DMCI HOMES」に就職。マニラに居住しリアルタイムで現地の情報をお届けすると共に、物件の販売、物件見学ツアー、引渡しや賃貸物件の管理等も隈なくサポートしており、日本人オーナーからの信頼も厚い。