コラム

フィリピン不動産する前に知っておきたい詐欺のリスク

フィリピン不動産投資が初めての場合、
まずはネット検索をしてみるという方も多いと思いますが、「詐欺」というキーワードが出てきたのを目にして不安に思われることもあるかもしれません。
 

 

そこで今回は、フィリピン不動産における詐欺のケースや気を付けるべきことをご紹介します。

フィリピン不動産で知っておきたい詐欺

存在しないプレビルド物件による詐欺

プレビルドのコンドミニアムを購入する場合
コンドミニアムの建設計画の予定のない架空の物件の購入を持ち掛けられることがあります。

フィリピンにおいて外国人でも、コンドミニアム(分譲マンションに近い物件)は購入が可能です。

ンドミニアムの購入方法としてプレビルド(完成前)物件と
完成後の物件を購入する大きく2種類の方法があり、
多くの方は購入の手頃さと大きな売却益幅が狙える
プレビルド物件を購入します。

プレビルド物件の場合はコンドミニアム建設のプロジェクト(企画)の段階から販売を行うため、
悪質な業者はプレビルド物件販売の特徴を利用し、
そもそも計画がない架空物件を言葉巧みに販売していきます。

もし、騙されて購入されていた場合、
気づくのは数年後だったりするため
払い込んでしまったお金が戻ってくる確率は限りなくゼロとなってしまいます。

そのようなことがないためにも
プレビルド物件を購入する前にコンドミニアム建設のプロジェクトか本当にあるかどうかを見極める必要があります。

どこのデベロッパーが建設するか、特に大手デベロッパー会社であればホームページにプロジェクトを公開しているので事前に見極めて購入しましょう。

»プレビルドとは?フィリピン不動産投資をする上で知っておくべき重要なこと

 

悪質ブローカーによる持ち逃げ詐欺

フィリピンの不動産投資では、悪質なブローカーにも気を付けなければいけません。

ブローカーとは、中間エージェントのことで土地や物件の紹介料で成り立っています。

不動産売買を行う場合、
規定している法律(RESA:Real Estate Service Act of the Philippines)があり、
それに基づいたライセンスが必要です。

しかし、実際にはライセンスを持たずに仕事をしているブローカーも多くいます。

ライセンスを持たずに仕事をしているブローカーは、最初から詐欺を目的としており悪質です。

手数料や頭金などと言ったさまざまな名目で金銭を要求し、
そのまま音信不通でお金を持ち逃げされるケースが多く発生しています。

ブローカー経由で金銭のやり取りするのは常に大きなリスクを伴いますので、注意しましょう。

適切なライセンスを持つ不動産業者を利用すれば、ブローカーは本来必要ありません。
ですが、稀に良い物件情報をいち早く手に入れられることもあります。

ブローカーを通じてやり取りをする場合は、ライセンスを持っているかチェックし信用できるかどうかを事前に確認することが大切です。

 

架空の不動産投資による詐欺

土地の保有が出来ない外国人に向けて、土地付き一戸建ての購入を勧め資金を騙し取るケースです。
フィリピンでは、法律により外国人が土地を保有することは出来ません。

しかし、言葉巧みに外国人でも土地付き一戸建てを購入できる方法があると偽って
物件を購入させようとしてきます。
支払いだけさせて、実際には家を全く建てずに資金だけ騙し取っていきます。

払い戻しを要求しても、担当者が会社を退職し連絡が取れない状況になってしまう可能性もあり危険です。

このケースも、持ち逃げ同様にライセンスを持たずに仕事をしている業者が多いです。
必ず、ライセンスの確認を行うようにしましょう。

また、どれだけ良いことを言われても外国人がフィリピンで土地を所有できることは有り得ません。騙されないように、注意してください。

»日本人がフィリピンの不動産を購入する方法

フィリピン不動産の詐欺についてまとめ

今回は、フィリピン不動産の起こりやすい詐欺についてご紹介しました。

・プレビルド物件は、完成するプロジェクトかどうかを確認する
・悪徳ブローカーには関わらない
・土地を所有できる話は、信用しない

フィリピン不動産は日本と違う部分もたくさんあり、騙そうとしてくるブローカーなどもいます。
そういった詐欺に合わないために、購入前には相手の実績やライセンスなどを確認のうえ信用できる業者と取引を行いましょう。

また、すべてを業者任せにせず一度現地を訪れ、建設予定地や購入予定のデぺロッパーのすでに竣工している物件を事前に視察することも重要です。

気を付けるべき点もありますが、フィリピンは経済成長が著しく不動産投資を行うには魅力的な国です。

事前に確認を行い、信用できる業者を見極めてから投資をするようにしましょう。

»フィリピン不動産投資するに当たってのリスクと回避方法について

 

コラムニスト紹介

中矢健太朗(なかや けんたろう)/フィリピン財閥系不動産会社 DMCI HOMES ジャパンデスク担当

■198955日生まれ。兵庫県神戸市出身。

新卒で関西の地銀に入行。大手不動産管理会社に転職後、2019年フィリピンのマニラに移住し、フィピリン最大手の財閥系企業「DMCI HOMES」に就職。マニラに居住しリアルタイムで現地の情報をお届けすると共に、物件の販売、物件見学ツアー、引渡しや賃貸物件の管理等も隈なくサポートしており、日本人オーナーからの信頼も厚い。