フィリピン

フィリピンの気候は?気温・湿度が高い?適した服装も解説

温暖で過ごしやすい気候が特徴のフィリピン。しかし、年間を通じての気温や湿度、乾季と雨季などは、実際はどのような気候なのでしょうか?

「フィリピンに行くのはどの時期がベスト?」、「服装はどう選べばいい?」と疑問に思っている方も多いはず。この記事ではフィリピンの気候に関する基本的な情報や、滞在時の服装の選び方などを解説します。フィリピンをより快適に楽しむためにぜひ最後までお読みください。

フィリピンの年間の気温と湿度の傾向

フィリピンは熱帯モンスーン気候に区分され、1年を通じて気温の変化が少ないのが特徴です。平均気温が26〜27°Cと高く、降水量も多いとされています。

季節は主に雨季と乾季の2つに分かれ、雨季は6月から11月まで、乾季は12月から5月までです。さらに、3月から5月にかけては特に暑く、「暑期」とも呼ばれています。その中でも5月が最も暑くなり、最も涼しくなる時期は1月です。

またフィリピンの湿度は日本の夏と比べると低く、不快には感じないでしょう。ただし、ルソン島北部やバギオなどの標高が高い地域は、気温の変動が大きく、湿度も比較的高く、日本の梅雨時期のような湿った感じがすることもあります。

フィリピンの季節ごとの特徴

フィリピンの季節は大きく分けて乾季と雨季の2つです。雨季のタイミングで台風が多く発生する傾向にあります。

【11月〜5月】フィリピンの乾季

フィリピンの乾季は11月から5月まで続き、この間の気温は平均で30°Cをわずかに超える程度です。この期間は空気が乾燥し、特に暖かく心地よい日が多いとされています。

特に11月から2月の間は年間で最も涼しく、観光客にとっては快適な時期です。一方で、3月から5月はもっとも暑い時期となり、日中の気温が高くなります。

【6月〜10月】フィリピンの雨季

フィリピンの雨季は6月から11月まで続き、雨や局所的なスコールが多くなります。日本の梅雨とは違い、長時間降り続くというよりは、明け方や夕暮れ時にスコールが現れ、1時間程度で晴れることが多いです。

それでも、この時期の暑さはピークを既に越えているため、日本の高温多湿の夏よりも快適に過ごせると言われています。

【7月〜10月】フィリピンの台風の時期

フィリピンは7月から9月にかけて台風が多発する地域として知られています。一年を通して、フィリピン周辺を通過する台風の数は約20にも上ります。発生地は太平洋で、フィリピンの東側を進むことが多いです。

しかし、全ての地域が台風の影響を等しく受けるわけではありません。たとえば、セブ島のような南部エリアは直撃されることが少なく、比較的安定した気候になります。逆にルソン島やマニラなどの北部エリアは、台風による天気の変動や強風に注意が必要です。

主要都市別の気温と降水量

フィリピンでは北部と南部で気候が多少異なる傾向にあります。特に主要都市であるセブやマニラ、そしてダバオの気候の特徴は滞在前に知っておくと良いでしょう。

セブの気温と降水量

セブ島は熱帯モンスーン気候に区分され、年間を通じて安定した気温が特徴です。平均気温は26~27℃で、日中は30℃前後、夜間は25℃を下回ります。

6月から11月までを雨季、そして1月から5月を乾季として区分され、雨季の中でも特に、6月から9月は平均して300mm程度の降水量が記録される時期です。しかし雨季でも一日中雨が降り続くことは稀で、短時間のスコールの後に晴れる場合が多いとされています。

また雨が降ると湿度が上がりますが、同時に気温が下がるので、不快に感じることは少ないでしょう。セブを訪れるベストな時期は1月から4月で、この時期は雨も少なく、観光客が多く訪れます。

マニラの気温と降水量

マニラは熱帯性気候の影響を強く受ける地域で、サバナ気候と熱帯モンスーン気候の中間に位置します。この気候は一年を通じて気温が高く、乾季と雨季の間の降水量の変動が大きいことが特徴です。

気候は主に2つの季節、雨季と乾季に分かれます。北部に位置するマニラは特に、台風の影響を強く受けるため、7月から9月はフィリピン周辺での台風被害に注意が必要です。

一方で、乾季である12月から5月は高温になるものの、湿度は低いとされています。特に11月から2月ごろの間は気温がそれほど上昇せず、比較的過ごしやすいです。乾季のピーク時には気温が35℃を超えることも多く、夜間も高い気温が続きます。

旅行者や居住者にとって、マニラのベストな時期は乾季に当たる12月から5月。一方、降水量が増える雨季や台風の多い6月から11月は、特に大雨や冠水による影響を考慮した上で計画する必要があるでしょう。

ダバオの気温と降水量

ダバオはミンダナオ島の南東部に位置し、平均気温は27℃程度で、熱帯雨林気候の影響を強く受けています。年間を通じて気温が高く、乾季であっても降水量が多いことが大きな特徴です。

また気候は季節ごとの変動が少なく、気温や気圧、降水量が年間を通して一定しています。気温は低くて20℃ほど、高くて32℃で、年平均の降水量は約2,000mmほどです。

太平洋側の山脈に守られたダバオは、台風の影響を受けにくく、特に台風が発生する海域よりも南に位置しているため、台風の直撃リスクは低いと言われています。そのため、ダバオでは雨季であっても比較的過ごしやすいでしょう。

また、熱帯雨林気候の影響を受けるダバオでは、5月から10月までが雨季とされ、この期間中に降水量が増えます。それに対して、12月から5月までが乾季となりますが、気温は雨季と大差なく、30℃前後を記録する日が多いです。

特に乾季の終わりである5月は気温が35℃を超えることもありますが、1月から3月の期間は気温が少し下がり、雨も少ないので快適に過ごせる時期になるでしょう。

フィリピン滞在時の適した服装と必要なアイテム

では、フィリピン滞在時はどのような服装を選べば良いのでしょうか。以下では乾季と雨季の2つのパターンで最適な服装や必須アイテムを解説していきます。

【11月〜5月】フィリピンの乾季におすすめの服装

フィリピンの乾季では気温が高いため、半袖のTシャツと半ズボンが適しています。足元はサンダルが快適ですが、観光などで移動が多い場合はスニーカーやウォーキングシューズが良いでしょう。

また日本よりも日差しが強いので、紫外線対策としてサングラスや帽子の持参は必須です。また、日焼け止めや虫よけスプレーも忘れずにあればより快適に過ごせます。

しかし、屋内では冷房が効きすぎていることが多いため、対策が必要です。薄手のカーディガンなどの羽織れるものを持っていきましょう。

【6月〜10月】フィリピンの雨季におすすめの服装

6月から10月のフィリピンは雨季となり、特に7月から9月は台風が頻繁に通過する時期となります。この期間は雨天へ備えることが大切です。

まず、急な雨や局地的な豪雨に備えて、折りたたみ傘は必須です。また雨ガッパやレインコートもあると台風の時期に役立つでしょう。気温は乾季と大きく変わらず、平均気温は27℃〜30℃です。そのため、半袖や半ズボンが基本的なスタイルとなります。

しかし、雨や風で体感温度が下がることもあるため、セーターや厚手の長袖の持参がおすすめです。また、湿気や雨で衣類が乾きにくくなるので、速乾性のある衣類だとより便利です。

フィリピンで過ごしやすい季節は1〜5月

フィリピンでは湿度が低く乾燥した気候の11月から2月が最も快適とされています。気温も過度に上がらないため、観光やアクティビティに最適です。

3月から5月は、フィリピンの夏として知られる時期です。この時期は気温が上昇しますが、ビーチやリゾートを最大限に楽しむことができます。

フィリピンを訪れる最適な時期としては、雨季を避けるため、1月から5月の間が最もおすすめの時期と言えるでしょう。

まとめ

フィリピンは一年を通して温暖な気候で過ごしやすい国です。季節は乾季と雨季の2つに分けられ、乾季ではカラッとして過ごしやすく、雨季は局地的な雨が降る傾向にあります。また北部の地域では台風の影響を受けやすく、訪れる際には注意が必要です。

一方でセブやダバオなどの南部エリアでは台風の影響を受けにくく、雨季でも快適な生活が送れるでしょう。服装は基本的に一年を通して半袖・半ズボンで問題ありませんが、紫外線や雨天への対策グッズは必需品です。

今回紹介した情報を参考にフィリピンへの滞在を計画してみてください。

当社ではツアーや個別面談などもやっていますので、お気軽にLINEでお問い合わせください。

友だち追加
【徹底解説】フィリピン不動産視察ツアー経済成長により注目が集まっているフィリピン不動産。しかし、海外不動産投資が初めての場合、現地や物件の様子が分からないまま投資するのは不安...