コンドミニアム

【初心者向け】フィリピンコンドミニアムの購入(投資)の仕方

フィリピンコンドミニアムを購入(投資)を考えている人へ

フィリピンコンドミニアムがどのような物なのか知りたい
・これからコンドミニアムに投資をしたいけど、何から手をつけたらいいか
・購入手順がわからない
・具体的にどのような行動を起こせば良いのか知りたい

 

こういった疑問にお答えします。

本記事の執筆者

永田 智睦 (ながた ともちか)

API Gateway株式会社 代表取締役(CFP®認定者)

6年間金融機関に勤務後、個人保険代理店を営み法人化。
現在はフィリピン不動産販売会社や独立系FP事務所を中心に4社経営。
金融業界15年、独立して10年の経験を持ち個人プランニングを約1000名近くの相談を受ける。
なおAPI Gatewayはフィリピン最大手財閥系デベロッパーの正規代理店として2019年、2021年と3年連続で日本マーケット売上高1位の実績がある。

 

前置きメッセージ

本記事では「これからフィリピンコンドミニアムの購入を検討している方、投資を検討しているが日本と勝手が違うので何から手をつけていいかわからない」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで「フィリピンコンドミニアムの特徴や予算の考え方、具体的な購入手順、その後について」まで具体的にイメージ出来るになって頂ける筈です。

私自身も強く感じている事ですが、フィリピンという国は様々な分野に於いてとても可能性と魅力に満ちた国です。

ぜひ、フィリピンと現地の不動産市況、コンドミニアムについて理解を深め今後のお役に立てて頂ければ幸いです。

①フィリピンコンドミニアムを購入(投資)を行う前に知っておきたい注意点

まずはじめに、フィリピンにとって外国人である私たち日本人は、

不動産を購入する上で土地を所有できないなどさまざまな規制があります。

 

正しい知識が不足しているが故に詐欺にあったり、不良物件など掴まされてしまうこともありますので事前に現地市況に詳しい信頼の置ける業者から話を聞くなどを行いしっかり把握をしておきましょう。

≫フィリピンのコンドミニアム投資を行う前に知っておきたい注意点

 

②コンドミニアム特徴の紹介

大半の日本人がフィリピンで購入可能な物件は、分譲マンションのような「コンドミニアム」と呼ばれる物件です。

多くのフィリピンのコンドミニアムは共同エリアにテニスコートやバスケットコート、ジムやプールなどが予め設備として備わっており、入居者は基本的に無料で利用することが可能です。更にデベロッパーによってはコンドミニアム内にコンビニ完備、バーやカフェテリア等飲食も出来る設備を揃えている会社もあります。

 

24時間有人のセキュリティがなされており、日本人が住む場合も安心して住むことができます。

 

≫フィリピンコンドミニアムの特徴まとめ

 

③フィリピンのコンドミニアムの購入手順

コンドミニアム の購入方法としての流れは大まかに二つあり、顧客と不動産販売会社との仲介役にあたる代理店に直接問い合わせる方法と、日本各地で代理店が主催しているセミナーを受けることでそのエージェントが正当なのかを見極めてから物件購入を検討する方法です。

 

1・代理店を探す

現地で直接不動産屋で物件探しも可能ですが、フィリピン独自のルールや不動産知識のない中で投資を進めることはいささか危険とも言えるでしょう。

また、日本人が物件購入する際に弊害となる言語も代理店に仲介してもらうことであなたに代わって現地の方とコミュニケーションをとってくれるので安心です。

エージェントはどのような点に注意して選ぶべきかを詳しく記事にしておりますので、こちらをご覧いただければと思います。

≫フィリピン不動産での優良なエージェントの選び方

 

2 ・セミナーを受けてみる

全く無知の状態から代理店を決めることは不安だという方は直接セミナーを受けることをおすすめします。

本当にいいエージェントかどうか見極めるためにセミナーを受けることは最善の手段と言えるでしょう。

セミナーを受けるにあたって、どのようなセミナーを受けるべきなのか詳しくまとめた記事がありますのでこちらをご覧ください。

 

≫海外不動産セミナー -知っておくべき4つのポイント-

④予算にあったエリアの検討

フィリピン国内においても、人気のエリアとそうではないエリアがあります。

フィリピンは実に7,500以上もの大小の島が集まった国です。

それぞれの地域やエリアの相場を把握して自分にあった投資先を決めることが重要です。

コンドミニアム の相場は日本の3分の1から5分の1と言われています。

さらに詳しい間取り別、エリア別での相場は以下の記事に記載していますのでご覧ください。

 

≫フィリピンコンドミニアムの相場はどのくらい? 

 

⑤フィリピン物件の検討

当然のこととは思いますが、闇雲に物件を購入するのではなく、予算や投資目的に応じて物件を選びましょう。

まずは、自分の予算で買える金額での物件に投資をすることが重要です。 

エリアによって金額に違いがありますのでご自身の予算にあったエリアでの物件購入を検討してください。

 

1・キャピタルゲインを視野に入れている方

購入した不動産を売却することで売買差益を得る目的での投資の場合、より安く物件を手に入れ、売却時には高額であることが条件となってきます。

そのためには、プレビルド物件を購入し、その後売却する方法が最も利益を産むことができる購入方法です。

※プレビルドとは建設工事が着手される前の段階で物件を購入する方法です。

 

プレビルドについてはこちらに詳しい記事がございますのでご確認ください。

プレビルドロードマップへ移動

 

2・ある程度纏まったまとまった資金を持っている方へ おすすめ完成物件

まとまった資金があるのであれば完成物件を一括で購入するのも一つの手段です。

資金をお持ちで、時間をかけずにタイムリーに賃貸収益を得たい方、売買したい方にはオススメの購入方法です。

完成物件についてはこちらの記事をご覧ください。

 

完成物件ロードマップへ移動

 

⑥現地視察

直接フィリピンに自ら足を踏み入れ、ご自身の目で物件を確認しに行く方法です。

フィリピンの不動産購入のための物件探しにはまずツアーへ参加する必要があります。

 

ツアーは以下のような内容で行われます。

・募集期間:出発日程の1ヶ月前
・期間:2泊3日
・催行人数:10人前後
・現地集合、現地解散
・旅程:2日午前~15時前後 4箇所ほど視察

すでに建っている物件、建築中の物件などお客様の要望に合わせて物件を視察することが可能です。

視察するポイントとしては、首都圏であるマニラが発展しているかを人の流れを見ること。

マニラにはIR(統合型)リゾートカジノなどが次々と建設されています。

今日の目まぐるしいフィリピンの成長を自分の目でみて確かめることができるのでフィリピンの不動産投資に未来を見据えるきっかけとなることでしょう。

 

≫フィリピン 不動産視察ツアー

 

⑦物件の申し込み


物件を購入する際は対象の物件を押さえるために物件予約が必要です。
必要書類の提出と代理店へ予約金・手数料の支払いを行います。支払完了後概ね2週間~2か月後に発行される契約書にサインをし、デベロッパーへ返送することで売買契約が完了となります。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

≫フィリピンコンドミニアムの申し込みの流れ

 

⑧売買契約後の流れ

売買契約後は主にお支払い関係の手続きがあります。

 

一般的には

①住宅ローンの手続き
→現地の銀行をご利用します
②竣工検査
③お引き渡し
④家具家電発注

このような流れになります。

 

プレビルドの場合は、

物件が完成するまで頭金を分割払いで支払いを行って行きます

 

詳しくは以下の記事をご覧ください

 

≫フィリピン不動産 売買契約後の流れ

 

⑨物件が完成したら

物件完成後には賃貸にて利益を得る方法、airbnbで観光シーズンの時や不特定多数の人に貸す方法、完成間際売却する方法があります。

 

1・賃貸

基本的にフィリピンのコンドミニアムは家具や家電が一式揃った状態で貸し出されることが通常です。

賃貸収益は表面利回りで大体8~10%を基準とします。

 

賃貸をご検討の方は以下をご覧ください

≫フィリピン不動産 賃貸のやり方

 

2・売却

購入した金額よりも価格を上乗せした状態で物件を販売し、その売買差額により、利益を得る方法です。

 

売却をご検討の方は以下をご覧ください

≫フィリピン不動産で損しない為の売却手順とその注意点 

 

⑩ゴール

物件を無事購入後は、さらに物件追加購入を検討するのか、売却して利益を一度得ることが目的なのか、どのようなライフプランを持つのかは人によって千差万別かと思います。

人によって将来像や求める未来がが違うのでそれに合わせたライフプランニングを一人ひとり戦略的に立て、実行していく事がが大事です。

 

≫フィリピンの投資物件購入のその後について

 

まとめ

コンドミニアムの物件購入から投資するまでの方法をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

フィリピン不動産投資と一括りに言っても方法はたくさんあります。

ご自身の人生目標やライフプラン、資金と相談しながら最適な不動産投資を見つけ出し、物件購入を行っていくことが重要です。

詳しい内容の記事を多く掲載しておりますので、内容で気になるところがあれば再度記事を確認してみてください。

皆様が最高の物件に出会えることを心より願っております。